Menu
Close

RETHÉの分析検査の結果

クリックすると各分析試験結果が開きます。

スーパーオキシド消去活性

生体内にも存在するラジカルであるスーパーオキシドラジカルに対する消去能を調べます。

検査結果

Avanced Glycation Endproducts産生抑制試験

糖化とは,糖が非酵素的にタンパク質に結合する反応のことで,生体内においても,生体を構成するタンパク質と食物として摂取される糖によって糖化反応が起こります。糖化によって生成された最終糖化生成物(Advanded Glycation Endproducts; AGEs)は,体内に蓄積し,肌の老化だけでなく動脈硬化や神経性疾患など様々な症状に関連する可能性が示唆されております。本試験ではAGEsが蛍光特性を持つことを利用し,AGEs産生抑制能を試験管内で評価致します。AGEsはタンパク質と糖の反応により生成される物質の総称で単一のものではありません。糖化反応中間体としては,グリオキサール(GO),3-デオキシグルコソン(3DG),メチルグリオキサール(MG)などがあります。AGEsとしては,カルボキシメチルリジン(CML),ピラリン,ペントシジン,クロスリンなどが知られております。

検査結果

TOP