Menu
Close

チャーガの市場規模ランキング

チャーガの市場

2019年に発表された、2014年から2018年にかけてのチャーガの市場についての調査があります。 その中からピックアップしてチャーガの経済のお話をご紹介します。

チャーガの市場規模ランキング

2018年の調査でのチャーガの市場規模ランキングは以下のようになっています。(この調査内容では国と地域が混在しています。)

  1. 北米(カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ)
  2. アメリカ
  3. カナダ
  4. メキシコ
  5. アジア太平洋地域
  6. 中国
  7. インド
  8. 日本
  9. 韓国
  10. オーストラリア
  11. インドネシア
  12. シンガポール
  13. マレーシア
  14. フィリピン
  15. タイ
  16. ベトナム
  17. ヨーロッパ
  18. ドイツ
  19. フランス
  20. イギリス
  21. イタリア
  22. スペイン
  23. ロシア
  24. 中南米
  25. ブラジル
  26. 中南米の他の地域
  27. 中東とアフリカ
  28. GCC諸国
  29. トルコ
  30. エジプト
  31. 南アフリカ

チャーガの生産量

2015年の調査ではチャーガの世界の市場規模は約1,441万米ドル(約15.1億円)で生産量は約106.15トンです。マッシュルームなどの一般的な茸の生産量の数百万トンという規模と比較すると、約数万分の1の生産量ですからチャーガが希少な茸だということが分かります。
この生産量の約59%がロシア産のチャーガです。チャーガは白樺の木から採れる茸です。広大な面積を持つロシアの国樹が白樺ですから最大の生産量を誇るのがロシアであるのは納得です。
第2番目の生産国は北米ですが、生産量は16.72%です。1位のロシアと比べると3分の1以下です。圧倒的な量のチャーガをロシアが生産し、輸出していることが分かります。

チャーガ市場の成長率

チャーガ市場の成長率

チャーガの世界市場は、2015年で約1,441万米ドル(約22億円)、2018年で1600万米ドル(約16.8億円)と成長傾向で推移してきています。 チャーガの市場は年率3.5%の成長率で成長してゆき、2025年までに2100万米ドル(約22億円)に成長すると予想されています。※1ドル105円換算

TOP